VINNIE PAZ - Burn Everything That Bears Your Name CD

販売価格 2,090円(内税)
在庫数 残り1枚
購入数

Label:IRON TUSK
Format:CD
盤質:NEW ジャケット:NEW
2021

前作を抜くボリューム、22曲1時間10分、ハイカロリーな6thアルバムが無事到着。盟友STU BANGASに先日のROME STREETSとの作品も素晴らしかったFarmabeatsはじめ、CZARFACEよりESOTERIC, C-Lance, OH NO, Giallo Point, Vic Grimesなど、新旧VINNIE PAZにとって色を与えてくれているビート・メイカーたちが参加。ここ2作ほど内省的な哀愁を強く感じていたけど、今回は絶妙にバンガーを配置したこれぞヴィニー節!が随所に。「The Cornerstone Of The Corner Store」に近いいわゆるゴリっとした聴き応え、言うまでもないラップ・スキルで畳みかける"Don Eladio"や"Papi Wardrobe"なんてトレンド感やBPM無視でHEAT!ビートが往復ビンタしてくる"Warhead"(このCHINO XL最高!)、後半差し込まれるSTU BANGASによる激メロウ"Angels With Dirty Faces"などなど。22曲というカロリー無視のメニューが飲み込む前に次々放りこまれるマンチー的快楽こそこの人の持つ良さだし、その背景にはリリシストとしてのエッジ、視点、ラップ・スキルは元より、大事なビート・チョイスのセンスも磨き続ける理想のOGだと再確認。 客演にはCHINO XL, LORD GOAT, ETO, WILLIE THE KID, ILL BILL, M.A.V., CRIMEAPPLE, もちろんEAMONにサイコロジカル好きには嬉しいBLOCK McCLOUD、BILLIE DANZE先輩などなど。 リリースがIRON TUKSとのことで、ENEMY SOIL傘下っぽいですね。



1 Socrates Drinking the Hemlock
2 Machine Gun Etiquette
Featuring – Billy Danze
3 Body Bag Philosopher
4 Papi Wardrobe
5 Witches Teeth Featuring – Ill Bill, Lord Goat
6 Latka Gravas
7 Danger Is My Business
8 I'm Thinking of Ending Things
9 Guilty Remnant Cigarettes
10 Don Eladio
11 Warhead
Featuring – Chino XL
12 Excuse All the Blood
13 White on White Crime
Featuring – DBoy Flowski, O.T. The Real
14 Battle of the Camel
Featuring – Willie the Kid
15 Torchbearer
16 Affairs in Order
Featuring – Jay Royale
17 Tell Gold To Hold The Boneyard
Featuring – CRIMEAPPLE, Lord Goat
18 Duppy Or Gunman
19 Angels With Dirty Faces
Featuring – Eamon
20 Murder Takes Time
Featuring – Eto
21 Lloyd's Of London
Featuring – Block McCloud, Boob Bronx
22 Digital Veil
Featuring – M.A.V.


WDsounds


seminishukei


GSR


MIDNIGHT MEAL