JUNPLANT - South Tribe

販売価格 1,650円(内税)
在庫数 残り1枚
購入数

Label: Royalty Club / RC SLUM
Format: CD
盤質:NEW ジャケット:NEW
2021

MC KHAZZ「Snow Down」, YUKSTA-ILL「DEFY」, MIKUMARI「From Top of The Bottom」など、RC SLUMの名盤の屋台骨として武骨なビートを作ってきたJUNPLANTのMIX CDがRoyalty Clubよりリリース。そしてまた地方出身者の店主としてはこのATOSのコメントも頷いて首がもげるわけです。多種の音楽をひらりひらりと横断するうちに汗をかくストレンジ・エキゾな風合い、タイトル通りの熱帯的湿度。これは是非。

-info-
先のSNSで言及した様に、音楽的素養の素晴らしさと再生回数やフォロワーの数というのは必ずしもイコールにはならない。レーベルを運営している身としてはそういった埋もれたダイヤや、その原石を発掘する事に最大の喜びを感じるわけだ。都会で暮らしていると、絶対数が多い分、共感性、拡散性は高いのだが、広く認知されているものが必ずしも最高である、かというと疑問が残る。またもう一方の事実として、洗練がなされ多くの人に共有されている素晴らしい作品も確実に存在する。種族または部族という捉え方があって、音楽的に優れているそれが多く集まる土地があるのではないか、という考えがレーベル運営を開始した頃から頭の片隅に蓄積されている。それは、常日頃から考えている事なのだが大都市圏を除いた地方という事にフォーカスを当てると、やはり鹿児島が最有力になってくる。所謂南国だ。彼らは独自の進化を遂げていて柔軟に洗練されている。都市部独特の柵やキナ臭さとは無縁の、その風土にも似たのびのびとした柔らかく暖かな音楽がそこにはある。どちらが優れているという話ではない。名古屋で言うならクソとヘドロとエロとゲロの吐きダメの様な女子大にフィットする音楽もあるし、その中にも確実に美しさは存在する。だけど音楽には得て不得手が必ず在って、言い換えればセット(環境)が大きく影響してくる。摂取するドラックの種類によっても変化するかな。このMIX CDは未だ世に広く知られていない天才が、曲げと枯れ草の為に作った様な驚くべき作品だと言う事だ。環境を整えて、ゆっくりとした気持ちで再生ボタンを押してくれ。その民族は優しくゆっくり眼の前に現れて、経験したこともない1時間弱のトリップにアンタを連れて行ってくれるだろう!大推薦盤です!!

PROFILE :
BackDrops所属、鹿児島を拠点に活動するunderground プレイヤー。これまでにビートテープ『MUD BEAT』『TURN ON』MIXシリーズ『Sound Check』『Sundance』などを発表、RC slumのラッパーに楽曲提供やremixなども行っている。


WDsounds


seminishukei


GSR


MIDNIGHT MEAL