PHONEHEAD - Twist And Sleep (For The Town) EBBTIDE RECORDS Limited Repress Edition

販売価格 1,000円(内税)
購入数

Label: PIANO AND FOREST
Format: CDR
盤質:NEW
2020

mix / phonehead
mastering / genseiichi
recording / studio C99
photo / yuhki touyama
publish / piano and forest

Original release 2016


元々は2016年にプレス盤としてリリースされ、EBBTIDEの7年の歴史の中でも店主も強く依存し、そして未だに店でも掛けまくってるCLASSIC MIXをEBBTIDE LIMITED、お値段抑えてCDR再発と相成りました。これが俺たちの#stayhome #stayhouse

下記は2016年入荷時、まだPHが京都に居てよくお店に遊びに来てた時のコメントで、小恥ずかしくもやはり想い出なので張っておきます。

京都にてとんでもないレンジを行き来するハウス・パーティー「gt,cs」を主催、自身レーベル運営もこなし、テーリ・テムリッツやSEX TAGSのパーティーにも出演する極上のカッティングエッジを持ち、店主のハウス欲を満たす依り代に勝手にさせてもらうぐらい信用している素晴らしいDJ、PHONEHEADによる初のMIXパブリック・リリース。自らのローカルへの情を、切られた方はそのことに気付かないぐらいの鋭さで思い馳せていくストーリー。GROOVEのKEEPなぞ言葉に出さなくてもこの一枚で身体はDANCEを求める。インスタントなウォーミー感は皆無、隙あらば食いかかってきそうな気配を常に感じれるのがなんと心地よいことか。難しく言うつもりないけど、hiphopが好きな人に是非聴いて貰いたいな〜。
EBBTIDE MOST HIGHLY RECOMMEND HOUSE MIX。

-info-
mastering / genseiichi
recording / studio C99
photo / yuhki touyama
publishing / piano and forest

我々の周りで最も発表が待たれていた男の作品が遂に届けられた。
「twist and sleep (for the town)」は、夜の暗躍者、phoneheadによる彼の生涯初となる個人作品である。 作品のジャケットは、数年前警察がダンスを厳しく取り締まっていた時期に京都の街外れにある場所で行われていたパーティで撮られた、彼自身の流血する腕の写真が全面的に使用されている。 非常に生々しく、手に取った瞬間彼の世界に引き込まれてしまった。 音源からは、彼の今作への意気込みが言葉を超えた音楽の感覚として力強く伝わってきた。 用心深く執拗で、力強く一途な彼独自の選曲とDJミックスによって、私は彼の街に案内され、そこで背筋がヒヤリとする感覚を体験させられた。 街を歩いていたら、非常に人懐こい笑顔で手にナイフを持つphoneheadが突然目の前に現れる。そういう光景が頭に浮かんでくる。 おともだち君、そのナイフ何に使うねん。 相変わらず危なくて独創的な最高のマイメンである。 作品の全編で、phoneheadの人柄と稀有な才能を強く感じられる作品であり、この作品は彼の魂の一部であると私は感じている。 素晴らしい内容の怪作である。
とにかく手に取って聴いて、体験してみてほしい。
hankyovain
2016年 夏


WDsounds


seminishukei


GSR


MIDNIGHT MEAL